ルート√324 Topへ戻る

angel breath
『angel breath』
異世界からやってきた少女は天使?それとも…?
現代よりもホンの少しだけ魔法が使われている世界──
魔法は人を癒したり、怪我を治療したりするために使われていた。主人公、七代崇はフロレンス看護学院の魔法看護士科に通う学生。夏休みの補習のある一日、見たこともない魔方陣から女の子が落ちてきた。しかも2度。記憶を失った少女と、美しい黒髪を持つ妙におどおどした少女。2人の見知らぬ少女達が崇たちを運命の歯車へと組み込んでいく──。
アヴァターの別次元の世界で巻き起こる数奇な運命を描いた、「デュエル・セイヴァー」のアンソロジーストーリーが学園ADVで登場!(パッケージ裏より引用)


総合:D シナリオ:D− キャラ:D CG:C+ エロ:C− システム:B− 音楽:C−

戯画マイン上等! の心意気で発売日買いしたさ。エンジェルセイヴァー+も持ってるさ。今にして思えば、まあ、出来心っすね……。

あらすじ
魔法による医療が当たり前の世界。魔法が使えない“ニードレス”は迫害を受けるも、魔法に拠らない医療技術を発達させ、その地位を向上させた。
主人公、七代崇はニードレスながらも幼少時の経験から医療を志し、フロレンス看護学院で幼なじみのつばさと学問に励む毎日だった。夏休みに入ったある日、二人の前に見たこともない魔法陣が現れ、そこから突如、二人の美少女が降ってくる。しかも彼女らは記憶を失っていて……。

シナリオ:D−
いわゆる萌えゲの範疇にあるシナリオ。根幹となるストーリーに目新しさは全くない。仕掛けがアヴァターという別世界に収束しているあたり、コンパクトにまとめようという趣旨がありありと感じられる(別名手○き)。仕掛けのタネの明かし方にも何のひねりも無く、キーとなるキャラが「これこれこういう訳でした」といきなり喋って終わり。物語を読み解くという意味でのエンターテイメントをユーザーに提供する気がハナから無い作りなわけですよ。と言って、ギャグとか日常とかエロとかの他方面で突出した楽しさがあるわけでもない。デュエルセイヴァー外伝みたいな宣伝をしていたので、売りはそこか? いやしかし、正直デュエルは全然関係ないし。結果的に、よくある萌えゲのテンプレを肉付けなしでなぞった“だけ”の作品になっちゃってる。
それでも自分的に感心したのは、一応は主人公の行動が動機付けされていたり、謎がきちんと解明されて(説明されて)いたところ。何の説明もなく伏線投げっぱなしジャーマンなゲームよりは、プレイ後の気分はいいんじゃないかな。

キャラ:D
典型的な記号当てはめキャラのオンパレードではあるが、各ヒロインの心情の移り変わりが段階を追って割と丁寧に描かれている点は好感を持った。煮え切らない主人公に対し、つばさが想いを爆発させて「あなたが欲しいの!」と発言するくだりは、つばさの溌剌とした性格が出ていて良かったと思う。知香のツンデレっぽいのにデレになりきらないところなんかもいいね。
ただ、主人公の心情描写はお粗末で、感情移入など全くの論外。ヒロイン主導で突っ走るシナリオならさほど目立たないが……主人公キャラを描く気、あるの?>ライター氏

CG:C+
全部で65枚。少ないと思うなかれ、シナリオが薄いので枚数としては適正だと思う。上手い絵とは言えないが、キャッチーな萌え絵でゲームの雰囲気を盛り上げていた。ややマリオネットっぽい体躯の描き方が素人臭いのがちょっと閉口だけど。
塗りは大体問題なし。背景も(草薙だし)問題なし。配色デザインも綺麗に出来てる。フロレンス看護学院の制服が可愛いね(*´Д`) 全ヒロインに制服着用の立ち絵があるのもGood。

エロ:D+
伝説のエロヒトリイッカイズツですよ。つうことで回想枠はヒロイン数と同じく5枠。中田氏だし、何回も出せるし、フェラも装備してるし、作り手サイドの気の使いようは感じる。でもやっぱ薄い。このレベルのエロが一人4-5回あれば許容範囲なんだがね。寧々子の体ぺろぺろとか、シチュが好みに合えば使えなくもないかもしれんが。

システム:B−
スキップや既読判定などの基本機能はもちろん完備。オート時の文章送り速度をスライドバーで設定できたり、前後の選択肢へのスキップができたりと痒いところに手が届くナイスシステム。バーやボタンのデザインも可愛く仕上がっているし、パッチも出てないし。流石だ戯画。これが初エロゲだったりすると他社ゲーやった時に度肝を抜かれること請け合いですな。

音楽:C−
BGM17曲、ヴォーカル(OP)1曲、合計18曲。初回版はピクチャーレーベル仕様のサントラ付き。OP曲はミョーに耳に残るキンキン声ヴォーカルが心地よい(?)。BGMは無難な出来だが自己主張するタイプではなく、さっぱり印象に残らない。ショコラと言い、ここのBGMはどうしてこう……。

総合:D
一言で言えばテンプレなぞりのエロ薄萌えゲ。でもディスク叩き割りたくなるほど投げ遣りな作りではない。一応ストーリーの筋は通ってるし、絵は可愛いし、システムは安定してるし。でも良作とは到底言い難いという中途半端な出来。一部の戯画マイン愛好家にとっては非常にイライラするゲームでしょうな。反面、ライトなユーザーにはこれ位が丁度いいのかも。自分的には、息抜き程度にプレイするのに最適な軽い作品てことで。

付記:
エンジェルセイヴァーだが、CMムービーはとても良く出来ていたね。で、実物はというと……キャラ選択ないんすか? 難易度設定は? 死ぬなどありえないこの難易度で遊べと?……と、まさにマインを体験することができますた(つД`)

《Written 2006.5.7》
文責:◆PinkCH/F76 mail:memphis@s5.xrea.com