ルート√324 Topへ戻る

宇宙海賊サラ
『宇宙海賊サラ』
 戦乱吹き荒れる銀河帝国に舞う最凶の海賊騎士サラ! 白銀の騎士シリア。退廃の限りを尽くす大貴族。闇の奴隷商人・悪魔の双子。
 野望に染まる群雄割拠の銀河に、サラを破滅へ導くドス黒い罠が張り巡らされる。
 銀河の闇に暗躍する人身売買ネットワークを支配するギーレンの双子が容赦なき非道の責めでサラを、シリアを徹底調教。サラと双子の野望が交錯するとき、サラに絶体絶命の窮地が訪れる!
(パッケージ裏より引用)


総合:D シナリオ:D キャラ:E CG:C エロ:D 音楽:D システム:C

 ワゴン価格に慣れている身としては、低価格ゲーの売りって何よ、とか思ってたりしたが、本作は宇宙海賊という珍しい設定に惹かれてゲットした。絵が沙悟荘の人なのでエロにも期待したのだが。

総括
 サラは成熟した大人の女性で海賊なりに口も悪く、エロゲヒロインとしては珍しい部類と言える。それだけに、キャラを上手く料理すれば極端な話、一本道ゲーだったとしてもプレイヤーを惹きつけることができたと思う。個人的にはパケ裏を読んで、腕でも頭脳でも負け無しのクールビューティーが(もちろんそれを裏付ける描写あり)身体だけでなく精神もたわめられて堕ちるところまで堕ちる、みたいな物語を想像したのだが、どうも色々と想定外な内容で最後まで話にノることが出来なかった。
 本作をプレイしてて感じるのはどうしようもないブツ切り感。冒頭のシリアとの戦闘→ギーレンの双子に拉致られ→調教を受け→その裏で画策して宝剣を入手…と一応お話はつながってるのだが、ひとつひとつのエピソード内でサラの心情が完結しちゃってる。調教ひとつ取っても最初反抗、次に耐えられなくなり、気持ちいいのもっとしてー、で、ぐったりしてブラックアウト。これがひたすら連鎖する。通りすがりの男に俺の女になってくれと言われたり、トカゲ男と心を通じ合わせたりとシチュ内では美味しい描写もあるのに、ブラックアウト後は全部切り捨て状態。彼女の心の移り変わりは描写一切無しなんですな。最終局面でこういう男たちがサラに加勢してくれるとか、実は副官もサラに惚れてたとか、色々使い方があるだろうに。抜ければシナリオはどーでもいいという意見もあるだろうが、肝心のヒロインがキャラ立ってないんじゃエロ度も損なわれるというもんでしょ。痴女のエロシチュ集見せられても抜けないっスよ。……まあ、低価格ゲーにそんな要求する方が無茶なのかもしれんが。

 CGは全部で34枚。沙悟荘の絵が好きな人なら問題ないと思う。垂れ乳・アヘ顔は健在ですよ。この絵柄で萌えゲというのは厳しいだろうが、本作みたいなジャンルならイケる。個人的には奇乳っぷりを何とかして欲しいところだが、沙悟荘なのでしょうがないでしょう。立ち絵は表情のバリエーションもちゃんとそろえていてまあまあ。服を破いても再生するところは萎えるが。
 塗りは絵柄に合っていて綺麗。エルフェンバイン号とか宇宙船の絵が用意されているのはいいんだが、5枚も割くことはなかったかもね。背景は枚数が少ないが、ほどほどに綺麗だしこんなもんかな。

 エロは回想枠16枠。前述の通り金太郎飴状態の回想内容が多く、自分はさっぱり使えなかった。フタナリ度・レズ度がやや高いので苦手な人は注意した方がいい。これも自分はさっぱり使えなかった。フタナリいらね。
 ギーレンの双子に拉致られた後は調教モードになり、快楽系・恥辱系・改造系から毎日メニューを選んで調教を行う。快楽系と恥辱系はあんまり違いがないと思った。改造系はもれなくフタナリがついてくる……。

 音楽はミュージックモードがなくBGM曲数不明、Vocal曲はなし。出来が悪いわけではないが、全体的にパッとしない印象だった。不愉快ではなかっただけマシか。低価格ゲーの音楽なんてこんなもんなのかな、と思った。そんな出来。
 声の演技自体はまあ普通。サラ役の紘川琴音さんはアヘ声の演技、頑張ってましたな。大人の女性らしい声質でキャラには合ってたかな。

 ブラックリリスのゲームは今回初めて手を出したのだが、コストパフォーマンスはダメダメだった。同じ低価格でも『愛欲のエプロン』(同人)の方がそれこそシナリオをほっぽってあっても頷けるエロさがあったわ。個人的にはサラにもうちょっとニヒルさというか孤高な雰囲気が欲しかった(あれじゃ気のいいおねーさんだよなあ)。んで、エロに活きる程度の心理描写が入ってれば文句言わなかったのに。これじゃここのメーカーのゲームには当分手が出ない罠。

《Written 2008.9.15》
文責:◆PinkCH/F76 mail:memphis@s5.xrea.com