ルート√324 Topへ戻る

Portrait.jpg
『Portrait』
 これは悪魔がくれた「瞬間の悦楽」か、女神がくれた「永遠の幸福」か?
 主人公の通う恵聖学園は神学系で全寮制、厳しさの中にも暖かみのある校風である。彼の所属する美術部は他に顧問と女性部員が3人と小さかったが、それぞれが意欲的に作品作りに励んでいた。ある日、徹夜で読んだ本をモチーフに作品を作ることにする。すると、彼はその番から奇妙な夢を見るように…。
それは、様々な場面で、それぞれに美術部の女性が一人現れるのだ。最初はその夢に違和感を抱いていたが、やがて彼はそれぞれの夢から彼女たちのトラウマや恐怖、不安や想いを知ることになる。作品を作りながら彼女たちと現実にふれ合い、そして夜毎観る奇妙な夢の中でその心にふれ合っていく…。
彼女たちの心を抱くように大切に想い、その奥底にある物を癒すことが出来るのだろうか? それとも彼女たちの心を無視するように振る舞い、自らの欲望で埋めてしまうのだろうか?
(パッケージ裏より引用)


総合:B シナリオ:B キャラ:B CG:D エロ:B 音楽:C システム:D

 本作は鬱ゲスレでの高評価と紙風船のセールとにつられて購入したもの。絵も確認せずに買ってしまったのだが、正直、届いたパッケを見て言葉を失ったわ。これで中身が期待はずれだったら……。

総括
 とにかくレビューが書きにくいゲーム。評価にしても、Sでもおかしくない気もするし、Dと言われても文句言えないだろ的な未熟さもあるし。で、小物の自分はBをつけました、とw
 このゲームのポイントとなる部分はなんと言っても猟奇風味な鬱展開シナリオだろう。ゆかりシナリオのBADENDが一番分かりやすいと思うんだけど、もうとにかく人の心の暗部とか弱さとか、自分可愛さみたいな卑怯っぷりがちくっ、ちくっと話の軌跡をゆがませていく。そのどれもが極悪でもなんでもない、平凡な人間なら捕らわれてもおかしくないような悪(弱さ?)で、それだけにラストシーンは「なんでこうなるん?」と呆然としてしまった。他ヒロインのBADも同様なギミックを使っていて展開も同じなので、これがココノツ氏の真骨頂なのかなあ? 作風に独特の雰囲気があると思う。総じてBADENDは出色の出来で、ここだけ着目したらSですな、文句なく。
 …なんだけど、HAPPYENDの方がもうつまんなくて。BADがあんななんだから互いに想い合う描写なんてさぞ映えるだろうとか思ったら、どのルートにおいても胡散臭さ大爆発だった(笑)。自分の嗜好もあるだろうが、眠いよ二ノ宮。愛してます先生。(読み飛ばし推奨w)
 このゲームを作ったスタッフは幸せなんて信じてなくて、HAPPYENDなんて飾りですよ、ユーザーにはそれがわからんのですよ的な認識で開発しただろ、とか勘ぐりたくなった。自分、いつもなら鬱に混じったスパイス的な萌えとか、BADENDとHAPPYENDの混在とか大好物なんだけど、本作に限ってはGOODは蛇足だと断言する。全部BADの方が良かったんじゃねーの?コレ。

 絵については、立ち絵酷すぎってか頭でかすぎでしょ! この立ち絵を見ただけで本作を回避した人もいるんじゃなかろうか。イベント絵はそれほど酷くないと思うが、ひいき目に見てもとても地味な出来だと思う。一番可愛く仕上がっているのが江戸川くんのナースコスプレってどうなのよ。地味系で行くんならもっとリアル指向の絵柄の方がいいだろうし、そうでないならもっとメリハリのある色味を使った方が良かったと思う。なんか中途半端だった。…が、本作の鬱っぽい雰囲気に合っていると言われれば、それはそうなのかもしれん。あんな猟奇絵、描けない絵師の方が多かろう。

 エロは頑張ってる、うん。でも使えたかと聞かれれば答えはノーだけどね。本作特有の雰囲気に呑まれてしまったというか、さっぱりそんな気にはならなかったというか。主人公の親友である東一(もちろん男)の存在もエロゲーマーを遠ざける要因になっているだろう(シナリオ的に東一の存在は面白かったので自分的にはおkだが)。一言で言えば人を選ぶエロ、てことかね。

 音楽は可もなく不可もなく。ストーリーを邪魔しないと言う意味では優秀なBGMだった。このゲーム、システムがとっても不安定で(当方、Win98SEでプレイ)、プレイ中30分くらい経つとBGMが止まって無音になる現象が100%発生したんだけど、無音でも問題ない。というかむしろ無音がマッチしてると言うか。当然ですがヴォーカル曲は一切なし。キャラクターヴォイスももちろん一切なし。なくても全く問題ないと思う。むしろ無音g(ry

 まとめると、このゲームの長所はズバリ後味の悪い鬱〜なBADシナリオ。これをプラスととらえることが出来、加えて見た目の地味さには惑わされん!て人が本作の購入者ターゲットってことになるが…無理じゃんw売れるわけないじゃんww てことで、マイナーなカルトゲーになることは生まれる前から決まっていたようなゲームと言えよう。でも、そんな不遇な、いや不遇だからこそ本作を愛するマニアもいるんだよね。でも、フツーの嗜好の持ち主にはスルーを推奨します。そうでない人は…とっくに嗅ぎつけてプレイしてるよねっw

《Written 2009.2.15》
文責:◆PinkCH/F76 mail:memphis@s5.xrea.com