ルート√324 Topへ戻る

イメージなし
『プライムガール』
関東某県・綾霞音市(あやかねし)。イブから始まるストーリー。
主人公・皆川卓也(みながわたくや)は、小さなプログラム会社『ASH(アッシュ)』に勤めるサラリーマン。いつものように仕事を終え、帰宅しようとした卓也の携帯電話が鳴る。それは、親友・榎本忠輔(えのもとただすけ)からだった。呼び出されたのは、行きつけのカクテルバー『maya(マヤ)』。
若者達は巡り会う。降りしきる雪に導かれるように。だが、彼らには知る由もない。それが、かけがえのない…運命の出遭いであることを。 (パッケージ裏より引用)

シナリオ:C-
ごく普通のサラリーマンを軸に、会社の同僚や取引先の知り合い、飲み友達など、彼を とりまく身近な人々を描いている。トンデモな物語展開などあり得ない、落ち着いた雰 囲気のストーリーなのはいいのだが、落ち着きすぎて面白みがない。小粋な大人の物語 を目指したと思われるが、粋なはずのヒロインとの会話が風俗嬢とぶっちゃけ話をして いるようで、自分はちと辟易してしまった。「イク時の男の顔なんて、何着てても似た ようなものだけどね〜」…そんなこと言われてもねえ。
エロを除けば、サターンあたりで出ている古めのギャルゲと似たような出来だとオモタ。

キャラ:C
ヒロインの面子は大企業のOLサンややり手の女社長、バイトの女子大生などなど。ピン ク髪などありえません、の世界。そんな方々がホイホイ股を開く様は、よく考えてみる となかなか異様。世間一般じゃ、皆こんな風に乱交しまくってるのかと納得しそうに なったっスw ただ、生々しい成人女性の心理が描かれるのかと思いきや、皆さん結構 杓子定規な方々でちょっと残念。自分がエロゲフォーマットに毒されてるだけだろうか。

CG:C
枚数は205枚。パッケ絵に惹かれたのに、こばやしひよこ氏はイメージイラストのみで ゲンガーが別人だったのが残念。絵は主線が黒く太く劇画調で、ちょっと古臭い。塗り は典型的なアニメ塗りで好き嫌いが分かれそう。エロ絵もその調子なので注意が必要。 背景はゲームの設定上、どっかで見たような風景ばかりだが、綺麗な方だと思う。

エロ:B
回想は53枠(非エロ含む)。ルージュを引いた唇のアップとか、へその方から乳に(ナ メるように)カメラを向けたりとか、エロ絵の構図の切り取り方が斬新で面白い。尺も 長いし、回数も多くてなかなか良し。声の艶技に難があるのが惜しいが、実用性は高い と思う。

音楽:D+
大人の小粋な物語を演出すべくジャズっぽい曲調のものを含め、全16曲。ボーカル曲は なし。不愉快でない程度に可もなく不可もなく、な出来。
声は正直言ってダメダメ(演技の天才がアレじゃダメだろ!)。ないよりはマシ程度。

システム:C
パッチなし。プレイ中も安定した動作だった。GUIのデザインは古臭い。多くのゲーム で実装されている右クリックメニューがなかったり、画面上部にカーソルを持っていか ないと全機能が表示されなかったり、と使い勝手は少々よくない。まあ、バグバグって わけじゃないから許すけどな。
DirectX8.0a必須だが、DirectX9.0が入っていると動作しなかった(Win98SEでプレイ)。
ゲーム難易度はズバリ高い。とりあえず全ヒロインのHを見た所で自分は妥協した。 シナリオに惹かれないせいか、あまり必死に攻略する気が起きないんだよね…。

総合:C
グロだったりトンデモSFだったりひぎぃだったり、てなエロゲにありがちの刺激は 一切ない。が、落ち着いてまったりプレイするには向いていると思う。これを退屈と 感じてしまった自分はエロゲやりすぎなのかもしれない。
だが、難易度の高さからエロゲ初心者にはオススメできない。エロゲヘビーユーザが やってみて、ふと我に返ってみる、みたいなゲーム。クリスマス近辺の話なので、そ の頃やってみるといいかも。

《Written 2005.06.06》
文責:◆PinkCH/F76 mail:memphis@s5.xrea.com